清滝のバーベキューや川遊びポイントを詳しくご紹介します

今回は京都市内にある無料の穴場バーベキュー場をご紹介させて頂きます。大自然に囲まれながら川遊びができる場所で、小さなお子様の遊び場としてもとっても楽しめる場所なので、是非行ってみてください。

今回の場所は京都の清滝地区

今回行ってきた場所は京都市右京区の清滝というところです。ここは緑がたくさんあって、川の水がとても澄んでいて最高の場所です。水がとても綺麗な証拠に夏の夜はゲンジボタルが見ることができます。子どもと最高の思い出を作るにはもってこいの場所ですね。

バーベキューポイントは3ヶ所

バーベキューポイントは大きく分けて3つのポイントに分かれます。

ポイント1

こちらは一番バーベキューをされている方が多いポイントです。私達家族が行った日も大学生くらいの子たちがバーベキューをしていました。ポイント1は、とても浅い箇所や小さな滝みたいなところや、ゴツゴツした岩がゴロゴロ転がっていて自然を感じることができます。私も初めて行ったときは『ここほんまに京都市なん?』と思わず声が出てしまいました。

こちら写真は駐車場のすぐ近くの金鈴橋から見える景色です。たくさんの緑と川を流れる水の音がとっても気持ちいです。

ポイント1に到着です。遠浅という表現が正しいのかわかりませんが、小さなお子様でも膝くらいまでしか浸からない深さの川が広がっています。

小さな滝みたいな場所がありました。こんな景観中々見られませんよね。

私たちが行ったときは大学生くらいの方がバーベキューをされていました。

上流の方に行くとゴツゴツした岩が増えてきます。

そして見て下さいこの水の透明度。これ何も無いんじゃなくて水の透明度が高すぎて水がないように写ってしまっているのです。

ポイント1への行き方

ポイント1に行くには駐車所の隣にあるこの道を進みます。

ポイント2

そしてポイント2です。ここはさくらやさんの駐車場出入口前の金鈴橋のたもとから降りていきます。こちらも川に入って遊んだりすることができます。ポイント1と比べると大自然感は劣りますが、真っ赤な渡猿橋を下から見上げる景色は絶景ですよ。金鈴橋のたもとから降りていくとこのような景色が広がります。

このようなスペースがありますので、バーベキューのコンロを置きやすいですね。

こちらにはとっても大きな岩がありました。御神体として祀られてもよいくらいのとっても大きな岩でした。

私達が行った時は鮎釣りをされている方がいました。鮎釣りは券を買わないとやっちゃダメなので気をつけて下さい。ポイント2に行くには駐車場近くの金鈴橋のたもとから降りていきます。

ポイント3

そしてポイント3です。ここは少し川の流れの早い場所があったりしますので、幼児には向きません。逆に大人でも楽しんでいただける場所です。少し深い場所がありますので、浮き輪などを持ってしっかりと川に入って遊べます。私達家族が行ったときも他の家族が水に入ってとても気持ちよさそうに遊んでおられました。しかし京都中心部からでも車で1時間ほどでこれまでの風景には中々出会えないのではないでしょうか。

水がとってもキレイなのですが、このように少し川の流れが早いところがあります。小さなお子様は注意が必要です。

観光地としても楽しめる

清滝というのは過去には観光地として栄えていました。以前は始発駅が山のふもとにあり愛宕山の頂上付近までケーブルカー走っていました。愛宕山の上の方には人が住んでいて小学校があったり、ホテルなんかもあったそうです。愛宕山を登るとそういう歴史も知ることができ今でも山頂駅や廃墟はそのままになっているそうです。いつか廃墟を見に行ってみたいと思っています。

観光地として栄えていた歴史もあって、風情のある旧料理旅館の建物や、真っ赤な欄干の『渡猿橋』の絶景も見ることができます。

甘味どころ

登山道入口の隣には甘味どころ『あたごみせ 智楽庵』があります。

自販機で飲み物やかき氷なども売っていますので、遊びに飽きたお子様を連れてくるのもいいのではないでしょうか。

愛宕山の登山道入口

駐車場のすぐ近くに愛宕山の登山道入口があります。3歳までに登り切ると一生火事に遭わないと言われており、私の家でも息子が2歳の時に山頂まで登って、愛宕神社で火事に遭わないようにお願いしてきました。ちなみに愛宕山ですが、大人の足でノンストップで行けば2、3時間くらいで登れる山なのですが、『愛宕山に登れれば日本のどんな山も登れる』と言われるくらい結構急な山です。毎年救助要請が出ている山ですので、登られるときはしっかりとした準備をしてから登りましょう。

アクセス方法

今回私達は車で行きました。清滝道を北へまっすぐ行くと清滝トンネルに突き当たります。

このトンネルは信号式で、トンネルに入ると自然のクーラーでとても涼しいんです。実はこのトンネルは京都で有名な心霊スポットでもあるのでもしかして霊の仕業?なんてことも想像しながら行ってみるのもいいかもしれません。お子様は怖がらせないようにしましょう。トンネルを抜けるとそこは緑がいっぱいの自然あるれる山々が待っています。左手にはバス停があり、ここもとてもよい風景です。

そしてこの別れ道を右方向に進みます。結構細い道なので対向車が来れば離合が難しいので、運転の上手な方が担当された方が良いでしょう。

左の道は車1台がギリギリ通れるくらいの細さで対向車が来たら終わりですので注意してください。そしてその山道を過ぎると右手にさくらやさんの駐車場があります。

駐車場の時間や値段

このポイントにはさくらやさんの駐車場しかありません。(路上駐車をされると離合が困難になりますので絶対におやめ下さい)駐車場は年中無休ですが営業時間は季節によって違います。朝は6時30分に開場しますが閉場時間が季節により17時~18時までとバラバラです。さくらやさんの公式HPをチェックしてから行かれることをオススメします。駐車料金は「平日500円」「土日祝1,000円」なのでとてもリーズナブルなお値段です。

こちらの住所は京都市右京区嵯峨清滝一華表町30(さくらやさん駐車場)となります。車で行かれる方がほとんどだと思いますが一応バスも出ています。バスで行かれる方は阪急嵐山駅から乗って下さい。(1日2本くらいしか出ていません)

トイレ

肝心のトイレですがさくらやさんの駐車場のすぐ隣にあります。

このトイレは洋式で備え付けのトイレットペーパーもあり、とてもきれいなトイレです。京都市管理のトイレで定期的に掃除をされています。

来たときよりも美しく

清流清滝川を守るためにゴミは必ず持ち帰りましょう。このポイントより上流の箇所ではバーベキューが禁止になっています。その理由はおそらくゴミの問題だと私は思っています。せっかく数少ない京都のバーベキュー場所ですし、自分たちだけでなく後から来る人たちもバーベキューをできるようにゴミは持って帰りましょう。使い終わった炭は土に還ることはありませんので必ず持って帰ってください。

他にも京都の穴場のバーベキュー場を紹介しています。是非ご覧下さい。

京都の無料バーベキュー場を見てみる

おわりに

いかがでしたでしょうか、京都市内から1時間程度で行ける、自然あふれる本当に良い場所です。ぜひ一度行ってみてください。ラピュタを彷彿とさせる金鈴橋の苔でお別れです。最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です