自転車の空気入れで車やバイクのタイヤに空気を入れる方法

今回は、自転車の空気入れで、車やバイクのタイヤに空気を入れる方法をご紹介します。災害時には停電が起きて、ガソリンスタンドが使えなかったりすることがありますので、自転車で空気を入れる方法を知っていると安心ですね。

空気入れのタイプはこれ

まず空気入れのご紹介です。空気入れは基本的にご家庭にある普通の空気入れで入れで可能です。

しかし1つだけ注意点があります。後から書いていますが空気入れが米式タイプに対応しているかということです。その見分け方は簡単で、このように先端の部分を取り外して、穴の空いた状態にできるかどうかです。

もしお持ちでない方でも、送料込み1,500円から2,000円くらいの、とてもリーズナブルな価格で購入することができます。

自動車やバイクのタイヤバルブは米式を採用

少し触れましたがタイヤの注入口のバルブには3つのタイプが存在します。

車やバイクに採用されているのは『米式』で、いわゆるママチャリに採用されているのは『英式』、ロードレーサーなどの細いタイヤに採用されているのは『仏式』となります。

米式(今回はこれです) 英式 仏式
車、バイク ママチャリ ロードレーサー

実際にやってみる

それでは実際にやってみます。やり方さえわかればとっても簡単にできます。

空気入れの先端を外す

まず先端のパーツを外します。この洗濯バサミみたいになっているところが必要のない部分です。

こちらの洗濯バサミの部分は自転車のタイヤ(英式)に空気を入れるときに必要な部分なので、なくさないようにしましょう。右側の部分のレバーを上に上げることで簡単に外すことができます。

そしてこちらが自動車のタイヤの米式バルブです。

こちらのバイクのタイヤも同じように米式を採用しています。

空気入れの装着方法は簡単です。さきほどの穴の空いた先端をレバーを折り曲げずにバルブにガボッと差し込みます。

そしてレバーを曲げて固定すれば準備完了です。簡単ですね。

後は自転車に空気を入れるようにピストンを上下に動かせば空気が入ります。

規定の空気圧はどこに書いてある

タイヤには適正な空気圧があります。車の場合は運転席ドアを開けたところのシートベルト側にこのようなシールが貼ってあり、規定の数値が書かれています。

スクーターの場合は、シートを開けたメットインにこのような規定量が書かれたシールが貼ってあります。

車種によって記載の位置は異なりますのでご確認をお願いします。

空気圧を測定

そして空気圧を測定します。我が家で使用しているものだとこのようなペンタイプのエアゲージです。

ペンタイプのものは持ち運びにとっても便利です。このように下からニョキッと数値の棒が出てきて見た目にも楽しいです。

他にもこのようなカッコいい円形のタイプのものなどもありますよ。

電動タイプもあります

手でやるの疲れるわ~

という人はこのような電動タイプのものがオススメです。こちらの商品はシガーソケット接続タイプなので停電時にも使用することができます。さらに

自転車のタイヤ
車、バイクのタイヤ
サッカーボール
浮き輪などのフロート

にも使える変換アダプタ付きで空気圧も表示されるので大変便利です。車に1台乗せて置くとレジャーにも使えて便利ですね。お値段も4,000円から5,000円くらいで買えるのでとってもリーズナブルです。

おわりに

災害があれは何が起こるかわかりません。緊急時に車やバイクの空気入れの必要があれば是非使ってみてください。

他にもタイヤ交換で冬タイヤに履き替えたあとなどいちいちガソリンスタンドに足を運ぶ必要がなくなるのでいいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です