わくわく電車王国 2018 in みやこめっせに行きました

毎年8月に京都市左京区のみやこめっせで開催される「わくわく電車王国 2018 in みやこめっせ」に行ってきましたので、その様子をご紹介させていただきます。残念ながら今年はもう終わってしまったイベントですが、来年以降も毎年続くイベントなので是非行ってみてください。とっても楽しいイベントで電車好きの息子も大満足でしたよ。

入場

みやこめっせに入り1階の会場に向かいます。入ってすぐ電車王国の大きな看板がお迎えしてくれました。まずこちらで記念撮影をされている方がたくさんいました。

券売スペースで入場料を支払う

入って右側に券売スペースがあります。

ここでチケット代を支払って入場です。「大人(中学生以上)600円」「子ども(3歳以上)400円」と大変リーズナブルなお値段です。

ブースをご紹介します

さっそくですが楽しかった各ブースをご紹介させていただきます。どれもよく考えられた遊び心いっぱいのブースで息子も私も大満足でした。ちなみにブースによってはお楽しみ券が必要になります。お楽しみ券は中央のお楽しみ券販売所で売っています。1枚100円で5枚1セットからの購入となります。

どのブースでも200円からの使用となりますので、100円分を余らせないような工夫が必要です。

プラレールのジオラマを自分で走らせられます

入口を入って最初に目に飛び込んでくるのがこちらのプラレールのジオラマです。

とっても迫力があって壮大でした。そしてこのプラレールブースのよいところは、自分の愛車のプラレールを持ってきて走らせることができるということです。普段自分の家でしか走ったことのない愛車を走らせられるのは格別です。息子もとっても興奮してプラレースを走らせていました。

さらにこちらのタワー型に積まれたジオラマでは高く積み上げられたコースをいろいろなプラレールが走っています。今では販売終了となったレアなプラレールも走っていましたよ。

このプラレールのジオラマは「亀鈴プラレールクラブ こまち」という団体の方たちが作られたコースです。ミニオンズやアンパンマンなどこどもたちが大喜びするキャラクターたちもたくさん飾られていました。亀鈴プラレールクラブの方たちは関西を中心にこのようなイベントでプラレールのジオラマを出展されていますので、こちらのホームページからスケジュールも定期的にのぞいてみてはいかがでしょうか。

レゴはなくなっていた

2017年はブースがあったのですが、今年は残念ながらレゴのブースはありませんでした。京都の岡崎の街を再現されていて見る人を魅了されていました。来年は復活して欲しいですね。

鉄道おもちゃ運転会

そしてプラレールの他にも、GゲージやHOゲージも出展されていました。こちらの運転体験は有料で1回200円でした。去年までこういったものにあまり興味を示さなかった息子ですが、今年は「やりたい」と言ったのでやりました。息子がやったのはGゲージでした。HOゲージよりGゲージの方が車両が大きくて迫力があったみたいです。

みやこめっせのお姉さんがとっても可愛かったです。私も若い頃なら負けてません、、、よ。美人は見ているだけで癒やされますね。

ミニ電車のりもの体験コーナー

こちらは場内を走るミニ電車です。全長100メートルで場内のイベントとしては日本で最長なのだそうです。1回2周で300円です。3歳から1人で乗れるのですが、息子が「一緒に乗って」と言って聞かないので一緒に乗ることに。結局600円掛かったので中々の出費になりました。

運転士なりきり撮影

「叡山電鉄」「京阪電鉄」「京福電鉄」が子供用の制服を貸し出されていて自由に写真をとることができました。叡山電鉄さんは顔出しのパネルも用意されていて息子もチャレンジしていました。

制服は着る気分じゃなかったようで残念ながら着ませんでした。着るとこのような感じになります。

ふわふわエア遊具

2つのとっても大きなエア遊具で1回4分200円でした。両方楽しかったのですが、左側の大きな機関車の方より、右側のトーマスの方が迷路があったり、すべり台があったりと息子は気に入ったようで2回も入っていました。息子はすばしっこく走り回っていました。

ワークショップ(アイロンビーズ)

こちらは1日100組限定でアイロンビーズを作ることができるワークショップです。400円で時間は「11:00」「13:00」「14:00」「15:00」の4回ありました。会場に着いたのはお昼をだったのですが、枠が埋まっていたので、これをされる方はオープンしてすぐの予約がオススメですね。

ゲームコーナー

電車でGOやクレーンゲームなどのゲームがあってたくさんの子供達がゲームに励んでいました。ゲームセンターくらいのたくさんのゲーム機があって驚きました。昔電車でGOで腕をならしたお父さんはお子様を見直させるいい機会になりそうですね。

縁日コーナー

祭りの屋台のような縁日コーナーです。わたがし、コイン落とし、輪投げ、射的などがあって息子はわたがしを頼んで美味しそうに食べていました。

結構ボリュームがあって1人では食べきれない量だったので手伝いました。

キッズコーナー

1歳くらいのヨチヨチ歩きができたころくらいのお子様でも楽しんでいただけるコーナーです。5分入れ替え制で、入口で手のアルコール消毒があって衛生的にも安心でした。時間終了でまだやりたくてグズって泣いている子もいまいたので、10分くらいでもよいのではないかと思いました。

物販コーナー

鉄道グッズやプラレールなどの鉄道に関するグッズが売っていました。お土産にたくさん買われている方もいましたが、息子は特に欲しがらなかったので買いませんでした。物販コーナーの入口にくじ引きもあり、大変楽しそうでした。

リニアモーターカーのおもちゃも展示されていました。こちらはタカラトミーさんの商品なのですが本当に早かったです。こんなに早い乗り物が日本中を走り抜けるのは楽しみですね。

フードコート

フードコートは席が大変多くかなり余っていました。もし座れなくても再入場が可能なので外で食べに行ってもいいと思います。

さらに座敷の席もあったので小さなお子様には大変ありがたい心遣いでした。

出店されていたお店は、「ミスタードーナツ」「カフェレストラン浮舟」「まんぷくおにぎり米都」「膳洛」の4店舗で、カレーライス、おにぎり、たこ焼き、かき氷などが販売されていて、息子はかき氷を食べました。

混雑状況

私が行ったのは土曜日だったので結構人がおられました。でも写真を見て頂いておわかりになると思いますが「人が多くて歩けない」とか、それほど混んでいるというわけではありません。人気のあったミニ電車のりもの体験コーナーや、ふわふわエア遊具でも3回待てば案内されました。プラレールコーナーは子供が多い時は線路の取り合いで戦場みたいになっていましたが、できるだけ混まないように行く場合は平日に行かれるのがよいと思います。

近くの遊べる観光スポット

みやこめっせで遊び終えたあとは、すぐ近くに岡崎公園があります。ここは芝生になっていますのでお子様が走り回っても安心です。

さらにみやこめっせの東側にも公園があって、ここには昔使われていた市電が1車両そのまま展示してあります。中に入って運転席に座ることもできました。

さらに近くには大きな鳥居で有名な平安神宮などもありますので観光で遊ばれるのもよいのではないでしょうか。

車で行きました

みやこめっせには車で行きましたが近くにある駐車場は、

みやこめっせの地下駐車場

岡崎公園地下駐車場

です。岡崎公園地下駐車場には、平日と土曜日には最大料金の設定があるのでそちらを利用しました。

動物園とコラボして割引

今回のイベントではみやこめっせの東側にある京都市動物園とコラボしていました。電車王国開催期間中に半券を京都市動物園に持っていけば、大人2名まで100円引きされます。逆に京都市動物園の半券を電車王国に持って行っても同じ割引がされます。うちは時間的に厳しかったので、時間と体力に余裕のある方は行かれてもよいでしょう。

おわりに

昨年も参加させていただきましたわくわく電車王国ですが本当に楽しかったです。息子も楽しんでいましたが私も童心に返って楽しく遊ぶことができました。最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です