石窯ドームで子供とピザをつくりました

先日のクリスマスイブにささやかなクリスマスパーティをしました。そのときにとっても手軽で美味しいピザが作れましたので、ご紹介させていただきます。

自宅でピザを焼く場合はオーブンが必要になります。我が家では石窯ドームのER-RD30000という機種を購入しました。レンジのレビューはこちらの記事に詳しく書いていますので、是非ご覧ください。

材料

それでは早速ピザ作りに必要な材料のご紹介です。石窯ドームに記載のある材料です。こちらのレシピでは直径23cmのピザを1枚作ることができます。2枚焼く場合は材料を2倍にしてください。

ピザ生地の材料

強力粉(ふるう) 120g
牛乳(室温) 55g
砂糖 10g
小さじ半分
25g(mサイズ半分)
インスタントドライイースト 2g

ピザソース

トマトピューレ、オレガノ、タバスコ

具材

ピーマン(せん切り) 中1個
玉ねぎ(薄切り)  60g
ベーコン(細切り) 30g
マッシュルーム(薄切り) 25g
ナチュラルチーズ(ピザ用) 100g
オリーブ 適宜

実際に使った材料

石窯ドームのレシピには上記の材料書いてありました。しかし息子はピーマンやマッシュルールが食べられないので違う材料を使いました。実際には

じゃがいも
ウインナー
牛肉
ゆで卵
コーン
たまねぎ
マヨネーズ

を使用しました。具材は美味しいものなら何でも大丈夫なので、好きな具材を用意してください。

じゃがいもなどの固い野菜は火が通らないことがあるので、レンジであらかじめ柔らかくしておくと良いですよ。ピザソースは市販のピザ用のソースを使いました。

レシピ

それではピザの作り方を紹介します。

生地を作る

まずは生地を作ります。石窯ドームのレシピどおり作る方は、基本通り生地を手で混ぜてください。混ぜ方や作り方は石窯ドームに詳しく載っていますので安心ですよ。

私の場合は手作りで生地を作る余裕がなかったのでホームベーカリーにおまかせしました。パナソニックのホームベーカリーはパンを焼くだけでなく、ピザ生地も作れるので便利ですよ。

中の入れ物を取り出して材料を入れます。息子が嬉しそうに手伝ってくれました。

そして本体の小さなフタを空けてドライイーストを入れると準備完了です。とっても楽ちんですよ。

20分くらい経ちアラームが鳴って生地の出来上がりです。

出来上がった生地にラップをかけて、20分くらい放置して発酵させます。これで生地の完成です。

麺棒を使って伸ばす

発酵が終わった生地を麺棒で伸ばします。息子にも手伝ってもらいましたが、上手にやってくれました。こどもの成長には驚かされます。

ピザのCMにあるような耳にチーズの入った生地を作ってみました。素人がやってみましたが、結構簡単にできましたよ。

ひと手間遊び心を加えると楽しくなりますね。

ピザソースを塗る

伸ばした生地にピザソースを塗ります。こちらも上手にやってくれました。

具材をトッピング

次に具材をトッピングします。トッピングにはルールはありません。好きな具材を好きなだけ乗せましょう。

最後にチーズを乗せてマヨネーズをかけてトッピングの完了です。

こどもも楽しそうにトッピングを手伝ってくれました。自分で食べるものを、自分で作ることがとても楽しかったようです。

石窯ドームでピザを焼く

そして出来上がったピザを石窯ドームで焼きます。最初に石窯ドームを予熱しておきます。レンジの全面にある「オーブン 発酵・グリル」を押します。

そしてダイヤルを回して温度を210度に合わせて、スタートボタンを押します。ブザーが5回鳴れば予熱終了です。予熱が終わればピザを乗せた角皿を入れ、ダイヤルを回して焼き時間を設定します。時間は10分から15分に設定します。

実は石窯ドームのレシピには角皿を1枚使うレシピしか載っていなかったので、「もしかして生焼けになるかも?」と思いましたが、2枚でも15分でしっかりと焼けました。

焼き上がり

完成です!とっても美味しそうに焼き上がりました。

自分で言うのもなんですが、これほど完璧に焼けるとは思いませんでした。

しっかりと生地にも火が通っていて、ムラなく焼き上がりました。出来上がったピザをピザカッターで切ります。

包丁で切ることもできますが、やっぱりピザカッターの方が上手に切れますね。完成したピザを前にパチリ。いい写真が撮れました。

とっても美味しかったようでたくさん食べてくれました。

私が購入したER-RD3000の型から一つ新しくなったER-SD3000という機種が発売されています。変更点はフタの持ち手の色がシルバー色に変わっただけで、他の機能などは全く変わっていません。新型の方が値段が下がってきているのでオススメですよ。

おわりに

ささやかながらクリスマスパーティをすることができて、とっても楽しかったです。今度はパンやクッキーづくりに挑戦してみたいと思います。

違いについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です