フリッカーフリーを確認してみよう

テレビやパソコンの画面がフリッカーフリー対応なのか気になるところですよね。今回ご紹介する方法ではお持ちのスマートフォンで簡単にフリッカーフリーを確認することができます。

フリッカーフリーとは

パソコンを長時間使用される方の問題となるのが、目の疲れや肩こりです。その問題を解決するために『ブルーライトカット』などの対策がされているのはご存知だと思います。『フリッカー』も同様にこれらの問題を引き起こす原因と考えられています。『フリッカー』とは『ちらつき』のことで、『フリッカーフリー』とはチラツキが発生しないモニターを指します。

最新の液晶モニターやテレビであればほとんどの場合『フリッカーフリー』に対応しています。しかし安価なものや、古いモデルのモニターはフリッカーフリーに対応していない場合があります。

そんなフリッカーフリーの確認の仕方を説明します。

まずは輝度(ブライトネス)を下げる

フリッカーフリーの確認をする前に下準備が必要です。その方法はシンプルで、『輝度(ブライトネス)』を下げまず。なぜこれが必要かと言いますと、フリッカーは画面が暗くなったときに起こりやすいからです。

注意点

正確に確認したい場合は必ず輝度を下げてください。

一体型やノートパソコンの場合

デスクトップ一体型のパソコンやノートパソコンをお使いの方はコントロールパネルから設定を変更する必要があります。Windows7をお使いの方はこちらの記事を参考にしてください。Windows7以外であっても『コントロールパネル』から明るさを調整することが可能です。

モニターやテレビの場合

液晶モニターをお使いの方であれば、モニター本体の設定ボタンの『ブライトネス』と書かれている設定を一番下まで下げてください。液晶テレビなどの場合も同様に『明るさ』の設定を一番下まで下げてください。

白い画面で確認する

フリッカーは白い画面に現れやすいです。なので

Googleの検索画面を開く
フォルダを開く
エクセルを開く
Wordを開く

などの方法で画面を白くしましょう。

スマートフォンのカメラ機能を使う

下準備が終われば確認を始めます。方法は至って簡単でスマートフォンのカメラ機能を使用します。スマホのカメラを起動したらカメラをモニターに向けてください。モニターがフリッカーフリーに対応していない場合、スマホに映し出される画面に縞模様の『フリッカー』が発生します。

こちらの画面は私が使用しているパソコンの画面をスマホで撮影したものです。残念ながら見事に横縞模様のフリッカーが現れています。

注意点

画面によって横縞や縦縞など現れる模様が異なります。

私がもう1台使っているこちらのフリッカーフリーのモニターではフリッカーは発生しませんでした。

ビデオカメラで見てみる

スマホをお持ちで無い方はビデオカメラでも確認することができます。先ほどと同じようにビデオカメラを起動させてモニターの方に向けます。そうすると同じように縞模様が現れて、フリッカーを確認することができます。

ファンを回す

卓上のファンなどをお使いの方はそれを使って確認することもできます。方法は簡単で画面の前にファンを置くだけです。こちらの動画ではファンを使ってフリッカーを確認方法を実践されています。

画面を暗くして行くと画面に縞模様が現れ、ファンの羽の模様がはっきりと確認できます。フリッカーフリー対応のものであれば羽の形が現れることはありません。

対策

今回の方法をご使用してお持ちのモニターがフリッカーフリーだった場合、残念ながら対策はできません。画面を明るくしていればフリッカーは発生しにくいですが、長時間極端に明るい画面を見続けると目が疲れる原因になります。フリッカーフリー対応のモニターへの買い替えをオススメします。

オススメモニター

おわりに

いかがだったでしょうか。画面のちらつきを知って快適なパソコンライフをお楽しみください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です