祇園祭 2018 屋台はいつどこに出る?オススメの屋台グルメを紹介!

私が住む京都が世界に誇る日本三大祭である2018年祇園祭の「屋台がいつどこに出るか」「オススメの屋台グルメ」について調べましたので紹介させていただきます。

祇園祭とは

祇園祭は、京都で毎年7月に行われる八坂神社の祭礼で起源はなんと平安時代まで遡ります。平安時代に京都の各地で疫病が流行しており、人々は神泉苑にスサノヲノミコトなど祇園の神様を迎え御霊会を行い、神様に疫病を鎮めてもらおうとしたのが始まりとされています。その歴史が室町時代になると各町ごとに山鉾を作り街中を巡行する現在のような形になっていきました。その後応仁の乱や第二次大戦などで中断もありましたが、その度に街の人々の力で復興し、現在まで千年以上続く歴史ある祭りとなっているのです。

期間は何と1ヶ月

祇園祭と言えば宵山の夜にライトアップされた山鉾や、その大きな山鉾が大通りを練り歩く巡行が有名です。ですが実は祇園祭というのは7月1日の『吉符入り』から31日の『疫神社夏越祭』までの間、ほぼ毎日1ヶ月間行事が行われます。その間多くの祭りで行われる神輿が大通りを練り歩く行事なんかもあるのです。

屋台はいつ出るの?

さあそれではおまたせしました、屋台はいつ出るのかということですね。実は祇園祭では屋台は「2日間」しかでません。

7月15日(宵々山) 午前9時から午後11時
7月16日(宵山) 午前9時から午後11時

屋台を楽しみに行かれる方は注意して下さい。

屋台はどこに出るの?

赤のラインで縦に線が引かれている箇所に屋台が出ます。赤のラインは右から、「烏丸通、室町通、新町通」となっています。

注意点

烏丸通は歩行者天国になる時間が他と違うので、屋台が出る時間も異なりますので、注意して下さい。

烏丸通 午後6時から午後11時まで
室町通、新町通 午前9時から午後11時まで

おすすめの屋台グルメ

せっかくお祭りに出かけるので色々な屋台を楽しみたいですね。私も息子と昨年祇園祭を訪れて、かき氷を食べたり金魚すくいをして祇園祭を楽しみました。そんな中毎年出店されているお店でおすすめの屋台グルメを紹介させていただきます。

膳處漢ぽっちり『しみだれ豚饅豚』

『しみだれ豚饅豚』は祇園祭の屋台グルメ最も人気がある屋台の一つです。宵山にはこの豚まんを求めて長い行列ができるほどの人気で、超高級北京料理のレストランが祇園祭だけの期間限定で発売する祇園祭限定のメニューです。豚まんの皮には秘伝の醤油だれがたっぷりと染み込んでいて皮もモッチモチの食感です。食べてみると豚饅の具とタレの染み込んだ皮が口の中いっぱいに広がり、最高の味わいです。

宗(SOU)『角煮まん』

屋台街からも近いのに知らない人が結構多く穴場なのが宗さんの角煮まんです。このお店、普段は和風創作料理を出されているお店なのですが、なぜか祇園祭の時は角煮まんを店前で出されます。私は偶然このお店の前を通り、立ち上がる湯気と活気あふれる呼びかけの声に思わず即買いしてすぐにその場で食べてしまいました。料理長は料亭で修行を積まれた方で、当然角煮の方も絶品で、モッチモチの皮との完璧なコラボレーションでおいしさのあまりすぐに完食してしまいました。

マッシュキョウト『ちまきパン』


実はパンを一番食べている都道府県民は京都府民なんです。そんな京都府民に愛されるマッシュキョウトさんの祇園祭限定のパンです。外側は笹の葉で巻かれほのかに笹の香りがします。パンの中にはこしあんと白玉が入っており、酒種のパン生地はとても柔らかく、まるで和菓子のまんじゅうのように柔らかくとても美味しいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。本日ご紹介した屋台グルメ、是非行ってみて下さい。最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です