イオンモール京都五条の『納涼お化け屋敷』は子どもでも楽しめる?行ってきました!

本日はイオンモール京都五条で8月に開催される『納涼お化け屋敷』が本当に怖いのか、子どもでも楽しめるのか、実際に行ってきました。

見つけたきっかけ

先日イオンモール京都五条に買い物にいったところこんなポスターを見つけました。

『絶叫!今年の夏は…オバケーション!納涼お化け屋敷』

・・・・

・・・・・

・・・・・・

何だこれ。思わず足が止まりました笑

さっくりと描かれた

●ろくろ首
●提灯お化け
●一つ目小僧

全く怖くない。

普通こういうお化け屋敷のポスターって

『血に染まった白い服を着た女の子が下を向いて立っている』

みたいなのが多いのですが、このポスターではそういった怖さは全然伝わってきません。

さらにホームページの注意点に、

『ポスターのオバケはイメージです』

と書かれています。イメージ?

普通こういった場合、

ポスターかなり恐い
→実際あんま怖くない

みたいなパターンが多いと思うのですが、これは逆パターンなのでしょうか。

文明の利器を駆使して調べてみた

ポスターに『今年の夏は…』と書かれていたので毎年やっているのかなと思ってネットやツイッターとかで調べてみましたが、全く過去の情報が出てきません。

確定ではないですがどうやら今年初めてのお化け屋敷のイベントのようです。

もはや逆にそれが恐いです。

これはもう行って確かめるしかないですね。

実際に行ってみた

来たる2018年8月12日実際に行ってみました。3歳の息子は怖がりで、暗いところをとても怖がるような性格なのに、なぜか今回は『オバケ屋敷いってみたい』といいます。一体なにがあったんでしょう。

イオンモール京都五条に到着しお化け屋敷の会場に向かいます。会場は3階のイオンホールで、プラサカプコンというゲームセンターの近くにあります。

そうこうしているうちに到着しました。

ここの場所まで人が並んでいると15分待ちのようです。私達が行ったときは前に8組くらいおられたので、おそらく待ち時間は10分くらいだったと思います。

そして受付で料金を支払いお化け屋敷の説明を受けます。簡単に説明するとお化け屋敷の中に入ってコインを3枚集めて来るというルールです。でもコインを集められなくてもゴールできるということでした。

受付のカワイイお姉さんが子どもに『恐いけど頑張って集めて来てや!』と言っている姿が良かったです。

しかし順番を待っている間、お化け屋敷をゴールした人たちが出てきたのですが、泣いて出てくる子どもが続出します!

でも泣いていたのは見た感じ3,4歳くらいまでの子どもさんでした。小学生くらいの子はケラケラ笑って出て来ます。

そしてさらに順番が近づいてくると、中から恐い音楽が聞こえてきて、『ガッシャーン!』という何かの仕掛けが動く音。恐怖心がどんどん増して行きます。

そして私達親子の番がきます。

中は薄暗く色々な仕掛けがありました。ろくろっ首が上下に動いたり、急に風が吹いてきたり、電気がチカチカしたり。

学園祭のお化け屋敷よりはクオリティが高かったですが、幼児を怖がらすレベルのものでした。

なんとかメダルは3枚集められたのですが、息子はワンワン泣いて出てきてからも「もういい帰ろ」とずっと言っていました。

3,4歳くらいまでのお子様ですと結構恐さを感じると思いますが、夏の風物詩として楽しむには最高だと思います。

入場料

こちらの入場料は

中学生以上 300円
3歳~小学生 200円
2歳以下 無料

ですのでとてもリーズナブルでした。

割引情報

イオンモール京都五条の公式LINE@お友だちの方は100円割引となります!
1画面でお一人さまのみ割引となりますし、新規ご登録の方も対象となりますよ。

開催期間・場所

2018年の開催期間は、

8月12日(日)~8月26日(日)
10;00~18:00(最終受付17:30)

となっています。

開催場所は

イオンモール京都五条3階イオンホールです。

住所 京都府京都市右京区西院追分町25−1

注意点

さらにポスターには注意点として

●小学生以下のお子さまは、保護者の方同伴でお願いします。
●場内でのご飲食はご遠慮ください。
●心臓が弱い方、お化けが苦手な方はご遠慮ください。

と書かれていますので注意して下さい。

おわりに

息子は怖がりなのでめちゃくちゃ怖がってましたが、夏の思い出づくりとしてとても楽しいと思います。

是非行ってみて下さい。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です