『第1回 KYOTO ロングライド in South Around』2018 をご紹介します。

本日は京都で初めて開催される『第1回 KYOTOロングライド in South Around』についてご紹介させていただきます。第1回という記念のイベントですので是非参加してみたいですね。

イベント概要

日本人なら誰もが知っている京都の嵐山をスタート地点として京都で初めて開催される自転車イベントです。絶好の行楽シーズンである秋の京都を贅沢に走ることができます。

さらに一番距離のあるコースでは全長133キロメートルの距離を走り抜け、日本三大八幡宮である「岩清水八幡」や文化庁の日本遺産にも認定されている「和束」や「宇治」の茶畑の風景や、大自然の川沿いを走るごとができる「宇治川ライン」など様々な絶景を楽しむことができます。

体力や競技歴に合わせた4つのコース

このイベントはタイムや順番を競う競技ではなく、京都の景色をみんなで楽しんで走ろうというイベントです。なので普段競技志向で走られている方でもこのイベントで京都の景観をじっくり楽しんでいただけるイベントになっています。

今回のイベントでは参加者のレベルに合わせて4つのコースが用意されています。ご自身の体力と相談した上で参加するコースを選んでみるとよいでしょう。

Aコース(ロングコース)

Aコースは何と全長133キロメートル、標高差400メートルという大変「しんどい」コースになっています。

133キロ、標高差400メートルというのをランで換算するとフルマラソンくらいの計算になるようです。普段から自転車に乗られていて、体力に自身のある方は挑戦されてみるとよいのではないでしょうか。

このコースでは嵐山東公園運動場をスタートして京都の有名な茶畑や大自然に囲まれた宇治川ラインを走り抜けることができますよ!

定員 800人
参加資格 小学4年生以上
参加料 おひとり7,500円
スタート時間 8:00

Bコース(ショートコース)

Bコースは全長40キロメートルのショートコースとなっています。標高差もほとんどないことから、あまり体力に自身のない方でも楽しくご参加いただけると思います。

コースとしては嵐山東公園運動場をスタートして、岩清水八幡宮を参拝して帰ってくるというコースになります。

定員 400人
参加資格 小学4年生以上
参加料 おひとり4,500円
スタート時間 9:30

Cコース(リレーマラソン)

Cコースはリレーマラソンコースとなっていて、チームで参加するイベントとなっています。1チーム2名から10名まででチームを組んで、嵐山東公園運動場をスタートして1周1キロメートルのコースをリレーをしながら20キロメートルの完走を目指します。

こちらのコースは小学1年生から参加できますので、小さなお子様が参加されることを前提としたコースになっているようです。野球チームやサッカーチームなど普段団体で活動されている方たちの参加がよさそうですね。

定員 200チーム(2,000名)
参加資格 小学生以上
参加料 おひとり3,500円
スタート時間 10:30

Dコース(ファミリーコース)

Dコースは1キロメートルのコースを、小学生とその保護者が並走しながら走り切るとうコースです。1周走ったらゴールなのでこれなら私でもゴールできそうです笑

しかし息子はまだ幼稚園児なのでこのイベントにはまだ参加できません。

コースは嵐山東公園運動場をスタートして2名1組で1キロメートルを完走すればゴールとなります。

一番短いコースですがこのイベントの趣旨に一番合っているコースかもしれませんね。

定員 150組(300名)
参加資格 小学生とその保護者
参加料 おひとり2,000円
スタート時間 10:45

4ヶ所のエイドステーションで楽しめる京都グルメ

今回のイベントではエイドステーションが用意されています。知らなかったんですが、エイドステーションというのは給水所とかのことなんですね。

このエイドステーションで京都ならではのおもてなしやグルメが楽しめるということです。一体どんなグルメがあるのか楽しみですね。

せっかく茶畑を通るので、茶団子とか抹茶とか出てきてくれると嬉しいですね。抹茶はノドが乾くかな。

参加の記念品や参加賞はある?

京都マラソンですと参加賞としてBUFFが貰えたりするんですが、今回の自転車イベントでは今のところそういった情報はありません。参加料も少し高めなので何かしら参加賞的なものは貰えると思うのですが残念ながらわかりません。

ご存知の方おられましたらコメントください。

わかればまた更新させていただきます。

割引情報はある?

残念ながら現在のところ割引情報はありません。

台湾祭in京都嵐山

スタートとゴール地点である、嵐山東公園運動場では『台湾祭in京都嵐山』が開催されます。なぜ台湾祭なのかというと、2018年6月に台湾の台南市と京都市が友好協定を結んでいたんですね。

台湾祭では「タピオカティー」「小籠包」「足裏マッサージ」など台湾をまるごと感じられるイベントが開催されます。

祭りの開催時間は

10:00~17:30

となっています。

注意点

自転車イベントの注意点がありますのでご紹介させていただきます。

タイムを競うレースではなくサイクリングイベント

このイベントはタイムや順番を競うレースではなく、京都の景色を楽しんでほしいというサイクリングイベントです。ですから前の人を無理に抜かしたり、並走するようなことはできません

競技イベントではないので交通規制はなく一般の車も通常通り走ります。なので一般道を走るときは、赤信号や一時停止などの標識に従って走っていただく必要があります。

ヘルメットの着用

危険防止のためヘルメットは必ず着用しなければなりません。

関所があります

マラソン大会などでもありますが関所があります。時間内に各関所を通過できなかった場合は途中棄権となります。

自転車保険への加入

京都府の条例で自転車保険への加入が義務化されました。イベントに参加される前に保険への加入が必要です。

申込期間

このイベントへの申込期間は

2018年7月3日~2018年9月14日

となっています。

申込は、

JTBスポーツステーション

スポーツエントリー

などで行われています。

開催日

開催日は

2018年10月7日(日)

となっています。

アクセス

車で行く場合

参加申込時に先着順で1台1,000円の駐車場を予約することができます。

しかし駐車場の距離はスタート地点から7,5キロメートル以内とあります。7,5キロメートル以内なので近くの駐車場に当たればよいですが、7,5キロメートルの距離の駐車場なら結構遠いです。出発前に疲れてしまうかもしれませんね。

公共機関 電車・バス

阪急「嵐山」駅より自転車で3分です。

お問い合わせ

公式ホームページ
KYOTO ロングライド in south Around運営事務局
〒600-8421
京都府京都市下京区綾小路通烏丸西入童侍町167
AYA四条烏丸ビル JTB京都中央支店内
TEL:075-284-0173(9:30-17:30)
FAX:075-284-0153
e-mail:kyotolr@jtb.com

おわりに

京都で初めて開催される自転車の記念すべき第1回目のイベントです。参加料は少々お高めですが是非参加してみたいですね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です