かさばるプラレールを衣装ケースで片付けてみました

本日は我が家のオススメのプラレールの収納方法について書かせていただきます。

かさばるプラレール

うちには3歳の息子がいるのですが電車が大好きです。電車好きのお子様のおられると、つい買ってしまうのがプラレールですね。うちもトーマスのプラレールに始まり、私鉄やら特急やらたくさんのプラレールに埋もれています。そんなプラレールの問題は大量の車両やレールをどのように収納するかですよね。

アイリスオーヤマの衣装ケースAJ-533PA

プラレールの収納に頭を悩ませていたのですが、たまたま見つけた衣装ケースでスッキリと収納することができました。

その衣装ケースが、アイリスオーヤマさんの「AJ-533PA」という商品です。この衣装ケースのどういったところが素晴らしかったのか紹介させていただきます。

価格が安い

プラレールの収納には、例えばこちらの方の様に無印良品の収納ケースを使用した収納方法があります。

 

View this post on Instagram

 

ちこたさん(@chikota_ke)がシェアした投稿

テプラを貼るなど、とってもキレイに収納されていますね。しかしこの方法ではかっこよく収納できる反面、お値段が高額になってしまいます。

この収納ケースは1つが税込890円もします。私の家にある大量のプラレールを収納する計算をしたところ、15,000円くらいかかる計算になりました。

流石にちょっと高いのでこちらの方法は諦めました。

他にもこちらの方のように、ホームセンターなどで木材を購入してDIYで棚を作られる方もいます。

 

View this post on Instagram

 

Yoshihisa Sasakiさん(@sasaking_sti)がシェアした投稿

このような方法なら費用を抑えることができ、子供も喜んでくれると思います。しかしDIYの場合、設計図を書いたり工具を揃えるなど、子育てに忙しい私は作る時間がありません。

そこで色々と探していたところ、こちらの衣装ケースにたどり着いたのです。こちらの衣装ケースはお値段がとっても安いです。アイリスオーヤマさんの商品は高品質なのにお値段がお安いので私は好きです。

なんと送料無料で3,500円くらいのリーズナブルな値段で買うことができます。手間もかからず、お値段に見合った商品が手に入ります。

サイズがプラレールに完璧に合っている

この衣装ケースはサイズが完璧なのです。衣装ケースにプラレールを入れてみたところ、『プラレールを収納するために作ったんですか?』と思うくらいサイズが合っていました。

プラレールを集めていると必ず買うことになるのが、『2倍直線レール』『坂レール』なのですが、このレールはとにかく長いです。ですがこの衣装ケースのサイズは、「幅53.9×奥行き40.3×高さ59.7cm」となっており、幅約54センチの衣装ケースにこの2種類のレールがジャストで入ります。

そしてかなりの容量があって、本当にたくさんの線路や車両が入ります。大量のプラレールを収納するには大変重宝します。

さらに高さが約60センチと低いので、小さなお子様でも自分でパーツを取り出すことができます。奥行きも約40センチしかないので、部屋の中に置く場合でもインテリアの邪魔にならず、クローゼットや押入れやなどに収納する場合も簡単に入ります。奥の方のパーツも見つけやすいです。

我が家のように乱雑に入れることに抵抗のある方でも、区切りをつけて入れることでさらにスッキリ収納することができると思います。

デザイン性が優れている

無印良品の商品には敵いませんがデザイン性が優れています。木目調のプリントされた天板はオシャレでどのインテリアにも合うデザインです。しかもこの天板、とてもしっかりしています。

衣装ケースの天板というとペコペコしていてすぐに凹むものですが、これは天板は厚さが3センチくらいで、とてもしっかりしているので、簡単に凹んだり曲がったりすることはありません。我が家では天板に上に大型の駅などの情景を置いて『見せる収納』をしています。

そして外側が透明で中身がよく見えるので、どこになにがあるのかも一目瞭然です。子どもが自分でパーツを見つけやすいです。

安全性に優れている

そして使っていてわかったのですが安全性に優れています。衣装ケースなので、引き出しを引き出し過ぎてもロックがかかって下に落ちてこないのです。

子どもは力を加減せずに引っ張ったりしますがロックがついていると安心です。さらに我が家では安全性を高めるために一番下の引き出しが一番重くなるように片付けています。こうすることでケースの転倒防止をしています。

掃除がしやすい

そしてこの衣装ケースは底の四隅に小さなローラーがついています。本当に小さなローラで前後にしか動かすことができないのですが、掃除をするときなどはこのローラのおかげで前後移動がしやすく重宝します。

使わなくなれば衣装ケースになる

子どもが大きくなってだんだんプラレールに興味を持たなくなり、悲しいことですがプラレールとお別れすることになると思います。しかしこのケースは衣装ケースなので、プラレールの収納の役目を終えたあとは衣装ケースとして第二の人生を歩み始めます。この商品は衣装ケースとしても評価がとても高く使い勝手は抜群です。天板がしっかりしていて簡単に壊れないようなつくりになっていますので、末永く使えると思います。

おわりに

我が家のようにそこまでお金を掛けずに、ある程度カッチョよく便利に収納したいという方にはピッタリのプラレールの収納方法ではないでしょうか。是非とも購入して使ってみて下さい。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です