明日から使える3つの節約術 小さなことからコツコツとお金を貯める方法

本日は私が行っている節約術についてご紹介させていただきます。

子どもの将来のために節約して貯金する

『よ~く考えよ~お金は大事だよ~』

昔こんなCMがありましたね。お金ってとっても大事です。でもお金って中々貯まりませんよね。

というのも平成28年度日本の男性の平均年収は522万円なのです。住宅ローンや子供の学費などを払えば、貯金に回せるお金は雀の涙ほどになります。

先の見えないこんな時代だから将来のためにお金を貯めることは、子供を持たれている家庭では絶対に必要になってきています。

そんな中、私は今回ご紹介した方法で、収入を増やし、毎月1万円の節約をすることに成功しました。

1万円と聞くと大した額ではないように思われるかもしれません。しかし積み重なれば、

1万円×1年(12ヶ月)=12万円

12万円×20年=240万円

というとてつもないお金になります。20年という月日は、生まれたお子様が大学進学をされている年齢です。

この一番お金がかかる苦しい時期に、今から少しずつ節約をしてお金を貯めておくことが必要になります。

支払はクレジットカードを使う

みなさんコンビニでお支払をされるときにどのような方法でお支払をされていますか?もしかしてまだ現金でお支払されていますか。

でしたらすぐにクレジットカードでのお支払に変えて下さい。以前も私は現金で支払いしていたのですが、(節約家の)主人の勧めでクレジットカードでの支払いにかえました。

クレジットカードによりますが私のカードは100円の支払いに対して1円分のポイントが付きます。

『でもクレジットカードの決済だと時間がかかって待っている人に迷惑がかかる』という方もおられるでしょう。

しかし実はお会計の時間はとても短くなります。クレジットカードでの支払時は『暗証番号の入力』か『サイン』を求められますが、コンビニなどの少額の買い物はそれらが全く必要ないのです。カードを渡してレシートを貰って会計は終了です。現金でのお支払よりとてもスピーディになります。

さらに最近ではマクドナルドでもサインなしでクレジットカードの決済ができるようになりました。

格安の携帯電話を使う

みなさん携帯電話はどのようなものを使われていますか。私はiPhoneに格安SIMを入れて使っています。

この格安SIMを使うということになぜか極端に抵抗される方がいますが、同じ電波を使うのなら安い料金の方が絶対におトクです。私のまわりにも『何か怖い』という漠然とした理由でいまだに格安携帯電話への変更に踏み切れていない方がおられますが、絶対に替えるべきです(´Д⊂ヽ°

2年縛りの期間が残っていても今すぐ変えるべきです。

あなたがキャリアの携帯電話を使われているのだとしたら、そこにこだわっている理由はなんですか。お近くのお店に行って気軽に相談できる安心感でしょうか。

でもいざ携帯電話のショップに行くと平気で1時間くらい待たされたりしますね。

さらに先日大阪を震源とする地震があって私の住む京都市でも携帯電話の通話が全くできない状態でした。

あとで聞いた話ですが、ドコモのキャリアの携帯電話を使っておられる方も全く電話が出来ない状態になっていたそうです。

大災害が起こればキャリアだろうが格安SIMだろうが通話はできなくなることが分かりました。

だったらキャリアの携帯電話を使っている理由って一体なんなのでしょうか。格安携帯電話に替えるだけで1人あたりたり月額2,000円から3,000円の節約が簡単にできます。

振込手数料を払わない

私は必ずATMの時間外手数料のかからない時間にお金を下ろします。ATMの手数料は1回あたり100円から200円くらいですが、ところがどっこいちりも積もれば馬鹿になりません

さらに家電をインターネットで買ったりして銀行の振込みでお支払をしなければならないときは、必ず『ゆうちょ銀行』の振込口座があるお店で買い物をするようにしています。

これはゆうちょのサービスで、ゆうちょ銀行同士の口座なら月5回まで振替手数料が無料なのです。他行口座に振込するときって振込手数料が420円くらいかかりますから昼ごはん1回分くらいのランチ代が節約できるわけですね。

このサービスを使わない手はありません。

おわりに

いかがだったでしょうか。身近なものでこれだけの節約が簡単にできるので、みなさんぜひやってみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です